10月 8 2020

宮城県の住居を任意売却するメリットは?競売とどちらがいい?

任意売却は住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合に、売却した後も住宅ローンが残る不動産を金融機関の了解を得て売却する方法です。

これに対して所有者の同意なしに担保不動産を強制的に売却するのが競売になります。

ここからは任意売却をする場合のメリットについて解説していきます。

◎宮城県の住居を任意売却するメリットとは?◎

宮城県の住居を任意売却する際のメリットとして3点が挙げられます。

まずは「知人に知られることがない」という点です。

競売をする場合はインターネットで広告されてしまうので知られてしまう可能性が高くなります。

二つ目は「競売よりも高く売却できる可能性が高い」という点です。

そして三つ目は「契約日などを自由に調整できる」という点です。

そのため仕事や学校への影響を最小限にすることができます。

◎宮城県の住居を競売をする場合の大きなデメリットとは?

住居を競売する場合の大きなデメリットは「安値で落札されてしまう可能性が高い」という点です。

多くの債務が残ったまま新天地で返済をし続けなければならないので、なるべく競売を避けるべく任意売却を検討していくのが賢明であると言えます。

住宅ローンの返済ができなくなってしまった際、なるべく早くに任意売却を進めることによって様々なメリットを享受することができます。

任意売却を成功させるためには債権者や金融機関の協力、売却担当の不動産業者の協力などが必要になってくるため、なるべく早くに対応していくようにしましょう。

Comments are closed.